禁煙

電子タバコって害はないの?ニコチン入りの電子タバコとVAPEの安全性

昨今、喫煙場所が少なくなり、タバコ代も高くなり、肩身が狭い喫煙者が増えてきた関係か、売り切れが続出するほどに「電子タバコ」が注目を集めています。
しかし、この電子タバコ、吸った本人や周辺の人への副流煙によるニコチンやタール、ホルムアルデヒドによって健康被害は本当にないの?と心配になっている人も多いことでしょう。

そこでこの記事では、電子タバコの健康に害はないのかについて説明していきます。まず、電子タバコにはアイコスなどを代表とする「ニコチンを含む電子タバコ」と、リキッドを蒸発させた水蒸気を吸引する「VAPE」と呼ばれる電子タバコがあり、それぞれ健康に関する論点が変わってくることをご理解ください。

iQOSやgloといったニコチン入りの電子タバコは「電子タバコ」ではない

iQOS
iQOS(アイコス)glo(グロー)、Ploom Tech(プルームテック)といったニコチン入りの電子タバコは厳密にいうと、電子タバコではありません。

なぜならば日本国内で電子タバコというと、さまざまな風味のリキッドを熱し水蒸気化して吸い込むものでありニコチンを使用しない「VAPE」(ベイプ)を指します。
ですがiQOSやgloはタバコの葉をペースト状に加工し、それを加熱することによって蒸気を発生させて吸入するというタイプのタバコだからです。

関連記事:知っておくべき!ニコチン入り電子タバコの安全性
関連記事:電子タバコ「iQOS」(アイコス)とは?安全性や禁煙効果・故障時の対応・購入方法を解説

電子タバコのVAPE(ベイプ)とは?

VAPEは電子たばこの一種です。VAPEでは一般的にリキッドという液体を加熱し吸いますがこのリキッドとは主にベジタブルグリセリン、プロピレングリコール、香料から作られています。
国内で作られているVAPEのリキッドは、一般的なたばこのようなニコチンやタールは基本的には含んでいないため体に害はありません。

リキッドのフレーバーはかなり種類が豊富でその中から自由に選べる点も特徴の1つです。
VAPEの使用による煙の量は一般のたばことあまり変わりありませんが、煙の成分は水蒸気のため副流煙による健康被害の心配はありません。
それと同時にたばこの臭いも衣服や家具などに付きにくくなっています。

VAPEとの大きな違いはニコチンの有無

電子タバコ(VAPE)と大きく違う点を簡単にいうと、アイコスなどの電子タバコはニコチンが摂取できるということです。
喫煙者にとってタバコとはニコチンを摂取するためのアイテムなので、iQOSやgloのほうが他の電子タバコよりも吸うことによって得られる満足感が高いと言えます。

関連記事:電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?

ニコチン以外にVAPEの特徴としては、フレーバーの種類がフルーツ系やメンソール系などが豊富なため、口寂しさを紛らす意味では禁煙に向いています。

iQOSは健康に害がない?


iQOSは2017年5月末に「紙巻タバコと比較して、一部の発がん性物質の濃度が高いことが判明した」との海外のニュースがインターネットを介して日本中に広まり、製品としての信頼性 が疑われる自体となっています。
しかし、以下のようにアイコスの都合が悪いように解釈していると否定されています。

「熱がかかっていないタバコは、従来のタバコよりも高い濃度でこれらの化学物質の一部を放出しました。」のみを取り上げて、

「IQOSの煙には有害化学物質が含まれていましたが、濃度は平均して低くなっています」
の部分を無視していますね。

引用元:アイコスが紙巻タバコよりも有害という記事についてきちんと調査してみました。

なので、事実はフィリップモリス社が言うように以下の解釈で問題ありません。

iQOSはニコチンが摂取できる電子タバコではありますが、非喫煙者の嫌がる副流煙がほとんど発生しません。蒸気が煙のように見えますが、通常のタバコの副流煙に含まれる有害物質は9割以上軽減されているので周りの人に迷惑をかけないというメリットがあります。

それに加えタバコによる健康被害の原因である、物を燃焼するときに発生するタールを吸い込まずにニコチンのみを摂取できるようなっています。タバコの葉を包んでいる紙を燃やさず、加熱するだけにしたことで非喫煙者への副流煙だけでなく喫煙者本人への害も軽減されています。

ニコチンなしの電子タバコ(VAPE)は健康に害はないの?


ここ数年、日本でも急速に普及し始めた電子タバコですが、歴史の浅い製品だけにその安全性を疑問視する声が上がっています。

リキッドの安全性は?

50675280 – different re-fill bottles for e-cigarettes, close up

結論から申しますと、国内で販売されるVAPEのリキッドに関しては、安全であると言えます。
ただ、ガムや化粧品、歯磨き粉などでも健康被害を訴える人はいるので、完璧に安全とは明言できないということはご理解頂きたい点です。

日本国内では電子タバコを吸う際に用いるリキッドにニコチンを使用する事は薬事法によって禁じられており、日本国内において流通している電子タバコ用のリキッドであればニコチンは含まれていません。

ところが、インターネットを使えば海外から個人的にニコチンが含まれたリキッドを輸入できてしまうため、日本国内であってもニコチンが含まれているリキッドを用いて電子タバコを吸うユーザーも存在しています。当然、ニコチンは様々な健康被害をもたらすためニコチンが含まれているリキッドは危険だと考えられます。

ニコチンを含まないリキッドの安全性についてですが、電子タバコのリキッドの主成分となっているのはプロピレングリコール(PG)とグリセリン、香料です。

このプロピレングリコールは保湿剤や乳化剤として使われている有機化合物で、麺類や酒のつまみなどの食品や医薬品にも含まれている事からもうかがえるように、大量に経口で摂取せず、低用量であれば毒性は低いとされています。
グリセリンは食品添加物や甘味料、また保存料や増粘安定剤、咳止め用のシロップやハミガキ、医薬品や化粧品としても用いられているアルコールの一種です。
グリセリンを販売しているメーカーのホームページでも「特段として記載すべき有害性は明らかになっていない」とされています。

電圧の高さは危険じゃない?

20020500 – close up of a woman inhaling from an electronic cigarette

海外では電子タバコを吸っている最中に本体が爆発したニュースなどがあり、電圧の高さを心配する声があります。
また、電子タバコ本体の電圧の高さによる有害物質の吸入やバッテリーの膨張が危険だと感じている方も多いようですが、当然リチウムイオンバッテリーの扱いには気を付けなければいけませんし、メカニカルMODと呼ばれるタイプのバッテリーには制御基盤や保護回路がないため専門的な知識が必要とされ、初心者には不向きとされています。

また、高い電圧で電子タバコを吸うとホルムアルデヒドを吸入してしまうという調査についてはソースが不十分で製品によって異なったり個人差がありますが、あまり高い電圧では使用しない方が無難と言えます。
それでも従来の紙巻きタバコにはニコチンだけでなくタールやヒ素、鉛、窒素酸化物など数えきれないほどの有害物質が含まれているため、どちらが良いとも言い切れないでしょう。

ビタミンが吸引できる電子タバコは健康的?

最近は喫煙者に対する風当たりが強くなってきたので、タバコをやめたい、禁煙をしたいという人のために、吸って健康になれるように印象付ける「ビタミンが吸引できる電子タバコ」と銘打ったVAPEが発売されています。
具体的には、C-TEC DUO(シーテックデュオ)、VITABON(ビタボン)、VITASTIK(ビタスティック)、Vitabon(ビタボン)、Vitacig(ビタシグ)などが商品名です。

これらの電子タバコに関しては「BUZZ Feed」という信用度の高いメディアが、以下のように取り上げています。

BuzzFeed Newsは国立健康・栄養研究所の食品保健機能研究部部長、梅垣敬三氏を取材した。

梅垣氏はそもそも「吸入によりビタミンCを摂取するデータは見たことがありません」と前置きをした上で「吸入によって摂取できるビタミンCの量はわずかと思われるため、気分的に良いと思えるかもしれませんが、実質的にはほとんど意味はない」という。

引用元:芸能人が「ビタミン吸引」「体に良い」と宣伝の商品に専門家「ほとんど意味ない」

おすすめの電子タバコは国内産VAPE「フレンバー」

フレンバー

フレンバー

フレンバーは好きなフレーバーのリキッドを加熱し、蒸発させることで使用する電子タバコです。フレンバーは本体・リキッドともに基本的には日本国内でつくられており、見た目もシンプルでお洒落なデザインの製品が多いため人気・好評を集めています。

ニコチンやタールは含まれていないためたばこ感はアイコスなどに比べ劣りますが、禁煙・減煙のために利用している人の多いVAPEです。

フレンバーの本体価格は5,000円程度でリキッドは15mlで1,580円です。バリエーションは全7種。VAPEの外国産リキッドと比べると種類は少なめでお値段的にも多少の割高感はありますが、国内産という観点から値段に見合う安心感があります。

また、これまでニコチンを含まない水蒸気とはいえ煙の量が多いことが欠点ともされていましたが機種によってはバッテリーの電圧切り替えやアトマイザーのエアーコントロール機能などの設定を調節することで煙の量をコントロールすることが出来る最新の機種も登場しています。

バッテリー容量は650mAhと大きめのため吸い込み回数にして約600から800回の吸引が出来るバッテリー容量でたばこに換算しても1箱分の電池は十分にあります。

▼フレンバーの公式サイトはこちら
電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?
 

関連記事

  1. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは
  2. Kamry製 電子タバコ(VAPE)の特徴
  3. タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?
  4. スタイリッシュに決める!オシャレでカッコイイ電子タバコ3選
  5. 父・母、年配の方へのプレゼントとしておすすめな電子タバコとは
  6. 安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?
  7. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  8. 電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ電子タバコ(VAPE)ランキング

1位 Frienbr ONE
Frienbr ONE
公式サイト
詳細を見る
2位 EMILI LIGHT
EMILI LIGHT
公式サイト
3位 Eleaf iStick Pico
Eleaf iStick Pico
公式サイト
詳細を見る

ピックアップ記事

  1. ploom TECH(プルームテック)
  2. フレンバーワン
  3. ネオスティックの取り外し
  4. iQOS

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP