電子タバコ(VAPE)

電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?

電子タバコの基本的な内容

現在、欧米を中心に話題を集めている電子タバコは、中国人の薬剤師が2003年に開発したものを直接のモデルとしています。リキッドと呼ばれる液体を加熱して霧状化し、発生した蒸気を煙のように吸引するという内容です。基本的には、タバコに似せて作られたアイテムですが、決定的に違うのは煙を出さないということです。

このために、発がん物質として知られているタールや、中毒症状により死に至る危険がある一酸化炭素、毒物として指定されているアンモニアなどの有害な物質は生産されることがありません。つまり、副流煙も出さないということであり、周りに迷惑をかけるということもありません。この安全でクリアーということが、健康志向がアジアよりも強い欧米で支持されている理由です。

さらに、電子タバコは禁煙グッズとしても優れた内容で、禁断症状に苦しむことなくタバコから離れることが出来ます。これは、海外メーカーはニコチンを配合したリキッドを提供しているからです。日本では薬事法により禁止されていますが、海外の商品を購入して使用すること自体は違法ではありません。このために、メーカーから直接輸入したり、代行業者を利用することにより、スムーズな禁煙を実現することが出来ます。

電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?

電子タバコのバッテリー(MOD)

電子タバコは、リキッドを電力により霧状化するのですが、その大本の電気を発生させるのがバッテリー(MOD)です。ちなみに、バッテリーの他に、リキッドを注入するカートリッジと、これを霧状化するアトマイザーという部分とがあります。また、現在ではカートリッジとアトマイザーが一体化したものが主流となっており、バッテリーもこれに対応したタイプが多数提供されています。

なお、このような方向に変化した理由は、リキッドの風味をよりクリアーに味わうためです。そして、これに対応したバッテリーにも、いくつかの種類が開発されています。大きく分類するとペンシルタイプとボックスタイプの2種類で、ペンシルタイプはコンパクトで使いやすいというメリットがある半面ついている機能が少ないという短所があり、この弱点を改善するために開発されたのがボックスタイプです。安全装置が付いており、電圧の調節などもできるので、初心者にはボックスタイプがオススメです。

さらに、その中でもメカニカルタイプとテクニカルタイプとがあり、メカニカルMODというのは、ケースの中に充電池を入れて使用するタイプで、テクニカルタイプは内部に保護回路や制御基板などが搭載されているという違いがあります。

関連記事

  1. 愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まと…
  2. 電子タバコのリキッドでリラックス効果の高いフレーバーとは?
  3. 電子タバコ「 VAPE」選びで知っておいてほしいポイント
  4. 味の決め手はVAPE本体(コイル)も重要だって知ってた?
  5. 電子タバコのリキッドを自作する方法
  6. 自分で作れる!電子タバコ用リキッドの作り方
  7. 今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識
  8. 電子タバコのリキッドを寝かせると美味しくなるって本当?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP