電子タバコ(VAPE)

電子タバコはダイエットの強い味方?その理由とは

甘いフレーバーが間食代わりに

電子タバコはタバコと違ってニコチンやタールを含まず、火を使わないで蒸気で使用する新しいタバコです。電子タバコ専用カートリッジに好きなリキッドを入れて電気のパワーで気化させ、その煙を吸引してタバコのように楽しむことが出来ます。電子タバコには様々なフレーバーがあり、気化させたリキッドを直接吸い込むことで、よりそれぞれの香りや舌触りを楽しむことができます。

特に、甘いスイーツやフルーツのテイストを味わえるフレーバーが多いのも電子タバコの特徴です。口寂しいと感じた時や、疲労感またストレス発散目的で、つい甘いものを間食してしまいがちな方も電子タバコを使用することで食べ過ぎを防ぐことができます。

クッキーやフルーツタルト、シナモンやキャラメルカスタードなど、まるで本物のスイーツを味わっているような濃厚な甘さが口いっぱいに広がるフレーバーも多数あります。また、バナナやココナッツ、ブルーベリーやストロベリーなどのフルーツ系から、コーヒーやバニラ、バーボンフレーバーなど幅広く、お好みの味わいを探しやすくなっています。

程よい甘さやリラックス効果もある香りを吸引することで、脳の満足感が得られ、糖分やカロリーを摂取しなくても食欲を抑制することができます。
ご自分の好みのフレーバーならより満足感も高く、間食代わりに利用することで余分なカロリー摂取を抑えることにつながります。そのため、電子タバコはダイエットに有効なのです。

電子タバコの手軽さもポイント

電子タバコの手軽さもポイント

電子タバコはコンパクトで持ち運びがしやすく、おやつ代わりに比較的どこでも利用しやすいというメリットもあります。ダイエット時には食事制限をしたりカロリー計算をする方も多く、それに適したヘルシーメニューや少ない食事量で、結局空腹に耐えられず何か口に入れてしまうことも少なくありません。ダイエットが成功しないのは、持ち運びに便利で食べやすい高カロリーな菓子類などについ手を出してしまうのも理由です。

場所や時間に縛られず、小腹が空いた時に自由に食事をすることは大人にとっては難しいことですし、いつもダイエットに適した間食を常備しておくのもなかなか手間がかかります。そこで、電子タバコが役立ちます。持ち運びも簡単で、水蒸気のため匂いや汚れも煙も少なく、見た目にもスタイリッシュな電子タバコはこの制約を軽減してくれるからです。

休憩時やちょっとした空き時間にも手軽に使える電子タバコなら、無駄にキャンディーやガムなどを口にしてダイエットに失敗する心配もありません。食欲を我慢することで起きるストレスを抑え、無理なく食事制限ができることにつながるのも、電子タバコがダイエットに強い味方である所以なのです。

関連記事

  1. 電子タバコを購入する前に知ってほしい電子タバコのメリット・デメリ…
  2. 初心者必見!電子タバコ(VAPE)の失敗しない選び方
  3. 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点
  4. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  5. 知っておくべき!ニコチン入り電子タバコの安全性
  6. INNOKIN製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判
  7. 電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ!
  8. KangerTech製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ電子タバコ(VAPE)ランキング

1位 Frienbr ONE
Frienbr ONE
公式サイト
詳細を見る
2位 EMILI LIGHT
EMILI LIGHT
公式サイト
3位 Eleaf iStick Pico
Eleaf iStick Pico
公式サイト
詳細を見る

ピックアップ記事

  1. ploom TECH(プルームテック)
  2. フレンバーワン
  3. ネオスティックの取り外し
  4. iQOS

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP