電子タバコ(VAPE)

女性におすすめ!売り切れ続出の人気電子タバコ「フレンバーワン」の特徴

フレンバーワン

今回は、元々女性に人気が高かった電子タバコ(VAPE)のFrienbr(フレンバー)の女性におすすめの新タイプ「Frinbr ONE」(フレンバーワン)の特徴を紹介します。

Frienbr(フレンバー)とは?


フレンバーは、ニコチンやタールを使わない電子タバコです。もちろんニオイもないので、ヤニ臭さなどを心配する必要はありません。煙などで色がついてしまうこともありません。フレンバーの本体を購入すれば専用のリキッドを入れることで香りや味を楽しむことができます。

リキッドのフレーバーは種類がたくさんあるので、タバコとは違い味の違いを楽しむことも可能です。口寂しい時にも便利で、刺激的な味から甘くフルーティーな味まで選べるのが魅力です。女性にも使いやすくデザインがオシャレなことも特徴のひとつです。もちろんカラー展開も豊富で、多くの種類の中から好きなカラーを選択できるようになっています。ペン型で、すらりとした形になっているので持ちやすいタイプです。

国内生産のリキッドで安全性も高い

フレンバーのリキッド

国内生産でリキッドが作られている点も、大きな特徴と言えます。安全性の高い国内工場で作られていることもあり、安心して利用することが可能です。リキッドが蒸発する時の水蒸気を吸うシステムになっていることもあり、煙ではありません。その点も安全性が高い理由です。
本体以外のリキッドは購入する必要がありますが、リキッドも1回限りではなく一度購入すればなくなるまで何度も使えます。

フレンバーワンとフレンバースタンダードの違い

ペン型のフレンバーには初期に販売開始されたフレンバースタンダードと、新しく作られたフレンバーワンがあります。(カートリッジ型のFrienbr CLOUD17という商品もある)

カラーバリエーションが豊富になった

フレンバーワンになったことでまず変化があったのは、カラー展開が更に豊富になったことです。スタンダードでは6色でしたが、ONEでは10色の中から本体を選ぶことができます。これによって好みのカラーをますます選びやすくなっています。デザイン性を重視する人も買いやすくなりました。

また、フレンバーワンの時と比較すると、色使いやデザインが女性向きになった印象を受けます。
もちろん男性が使っていても違和感がないデザインなのですが、フレンバースタンダードが機械的でありクールなデザインなのに対し、フレンバーワンはシンプルで色使いがフラットなデザインになっています。
フレンバー公式サイトでも積極的に女性を使った広告をうっているので、「女性向き電子タバコ」と言っても過言ではないでしょう。

コンパクトになった

スタンダードよりもONEはコンパクトな仕様になっています。持ちやすさもアップして、携帯にも便利に変化しました。

値段が安い

コストパフォーマンスを重視する人にとっては、値段が安くなったことも魅力のひとつです。スタンダードでは4980円で販売されていましたが、ONEは4480円で販売されています。価格が下がって機能性がダウンしたことはなく、むしろ液漏れなどのトラブルが少なくなり使いやすさは高くなっています。

専用ケースがなくなった

フレンバースタンダードの時は専用のケースがセットになっていましたが、ONEではコンパクトさを保つためにケースはなくなっています。その代わりキャップがついているので、片付けておく時も不便ではありません。

リキッドを入れやすくなって使いやすくなった

アドマイザーの形がシンプルに変わったこともあり、リキッドを入れやすいシステムになっています。バッテリーとアドマイザーが一緒になったので、スタンダードの時のようにバッテリーを外してからリキッドを入れ直す作業がなくなったことで誰でも簡単に使える電子タバコへと進化しています。

フレンバーワンを購入するには?

フレンバーワンを手に入れるためには、販売店をチェックしておくことが大切です。
一時期は人気が高すぎて品切れ状態になっていることが多かった商品で、転売目的の業者からしか高値でしか購入できない状態のこともありました。

公式サイト「THE Frienbr SHOP」

まず一番手軽にフレンバーワンを購入しようと思ったら、「THE Frienbr SHOP」というフレンバー公式サイトを確認することです。公式サイトは品切れしていない限り必ずONEを扱っているので、安心感があります。購入はフレーバーを選択してカートに入れるだけなので簡単です。

https://frienbr.jp/

電子タバコ専門店・タバコ専門店

電子タバコの専門店で購入することも可能です。もちろん取り扱いがあるかどうかは、専門店に確認しておくことが大切です。
電子タバコ専門店には、以下のような店舗があります。

  • VAPE HOUSE
  • Vape Yankees
  • World Vape Shop Japan
  • Vape Life Garden
  • Re:Build VapeShop
  • VAPE JAPAN
  • VAPE TOKYO
  • Vape Studio

また、最近ではタバコ専門店でもVAPEを取り扱っているお店があるので、お店によってはフレンバーワンも取り扱っている可能性もあります。

Amazonなどのネットショップ

Amazonではフレンバーのショップがあり、ヤフーショッピングでも同様です。こちらではスタンダードやリキッド、ONEに関しても在庫があれば扱われています。購入方法は公式サイトとほぼ変わらない仕組みです。
楽天市場では取り扱いがないので、もし通販サイトでフレンバーONEを手に入れようと思っているのであればAmazonやヤフーショッピングをチェックしておくといいでしょう。その他オークションやフリマサイトなどでも扱われていることがありますが、値段が高くなるので正規で購入するのが最適です。

フレンバーワンの口コミ・評判

フレンバーを購入した人の口コミや評判をまとめました。

ガチ勢ならフレンバー

ビタミン系は意味ないのですが・・・

タバコを吸わない人でも安心

メンソールがあればタバコがいらない気がする

関連記事

  1. 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  2. Aspire製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判
  3. 初心者必見!電子タバコ(VAPE)の失敗しない選び方
  4. 賢く電子タバコを手に入れる方法とは
  5. INNOKIN製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判
  6. 人気の電子タバコおすすめランキング
  7. 父・母、年配の方へのプレゼントとしておすすめな電子タバコとは
  8. 煙の量が多い電子タバコっていったい何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP