電子タバコ(VAPE)

電子タバコ用ニコチンリキッドの作り方

電子タバコと紙巻きタバコの違いについて

電子タバコは紙巻きタバコ位の太さの筒の中にリキッド入りカートリッジとバッテリー、噴霧器があって吸い口から吸うと霧状になった液体が口内に流れてくる仕組みになっています。

葉を燃やすタイプと違って有毒なタールや一酸化炭素などが発生せず、副流煙も出ないので喫煙者にも周囲にも優しいタバコといえます。電子タバコ市場は欧米を中心に急成長していて既存のタバコ市場を上回る見通しがあるので、日本のタバコメーカーも参入し始めている分野です。

種類がいくつかあって蒸気がたくさん出るタイプは大容量のバッテリーを必要としますが、通常タイプは付属のもので十分賄えます。最近のものはコンセントからの他にUSBケーブルからも充電できるようになっています。可変タイプは出力を自分で調整できるのが特徴です。蒸気が出てくる空気穴もタバコの風味や吸い心地を左右し、穴が大きいと吸い心地が軽くなって小さいと重くなります。好みの吸い心地に調整できる点も魅力の1つです。

紙巻きタバコに含まれる有毒で依存性の高いニコチンを含有しないので禁煙効果を期待される反面、ホルムアルデヒドなどの有毒物質も検出されるなど健康面において賛否両論の存在といえます。

電子タバコ用ニコチンリキッドの作り方

ニコチンリキッドを自作するためには

入れるリキッドに微量のニコチンを混ぜた電子タバコもあります。ニコチンリキッドはこれまでのタイプでは物足りなさを覚えた人が吸うことが多いものです。入手方法は海外からフレーバーの付いたニコチンリキッドを輸入するか、ノンフレーバーのものを輸入して自分好みのリキッドにニコチンを混ぜる2種類があります。

いずれのやり方もニコチン溶液は個人輸入に頼るしかありません。これは日本国内では薬事法によりニコチンリキッドの販売が禁止されているからです。利用者が増えてきたことで輸入代行を請け負うサイトもありますが、トラブルになるケースもあるので自身で輸入する方が無難かもしれません。海外のサイトなので英語という壁もあるのが悩みどころですが、日本語や画像をつけてくれているサイトもあるので探してみましょう。

作り方は購入したニコチンリキッドを他のリキッドと混ぜてタンクに入れるだけとお手軽です。付属の説明書にリキッドの配分や作り方などが書かれているのでそれを参考にしましょう。フレーバーを変えて他の香りを楽しめるのも自作ならではの魅力です。
微量ですが、ニコチンを体内に入れることには変わりないことを踏まえた上で楽しんで下さい。

関連記事

  1. 電子タバコのリキッドを自作する方法
  2. 電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について
  3. 電子タバコの洗浄・メンテナンス頻度について
  4. 父・母、年配の方へのプレゼントとしておすすめな電子タバコとは
  5. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類
  6. 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  7. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  8. スタイリッシュに決める!オシャレでカッコイイ電子タバコ3選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP