電子タバコ(VAPE)

知っておくべき!ニコチン入り電子タバコの安全性

電子タバコの特徴

電子タバコはリキッドと呼ばれている液体のアイテムを本体の中に充填させることで、高温度に熱せられたコイルなどに触れると水蒸気を発生させ、その蒸気を吸引して喫煙をするのと同じような価格で楽しめると言う特徴が在ります。また、リキッドには色々なフレーバーが用意されており、香りなども楽しめる事からも電子タバコへの注目が集まっています。

また、電子タバコは火を使わないので煙草が原因で起きる火災などが無い事、煙草には受動喫煙と言う他の人への健康被害が生じるケースがありますが、電子タバコは煙を吸引するのではなく、水蒸気を発生させてそれを吸引する事からも安全性が高いとも言われています。

知っておくべき!ニコチン入り電子タバコの安全性

ニコチン入り電子タバコのリスク

そんな電子タバコですが、必ずしも安全性が高いとは言い切れない部分も在ります。

日本国内で製造および販売が行われている液体のリキッドと言うのは、薬事法の法律の中で煙草などに含まれている有害物質の一つでもあるニコチンを含ませたものを製造したり、販売を行う事が禁じられている為、喫煙習慣が無い人でも安心して利用する事が出来ますが、海外製品の中には粗悪な物やニコチン入りリキッドの製造や販売が行われているなど、日本のような規制が設けられていません。
逆に言えば、日本製は厳しい品質管理の下で販売が行われているため、安全な状態で電子タバコを使う事が出来ますが、外国製は品質管理が行き届いていない製品も在ると言う事です。

現在、インターネットの通販サイトの中には外国製品を輸入して販売を行う事が可能になっており、個人輸入代行を行っている通販サイトの中にはニコチン入りリキッドの販売が行われています。この様な製品を、喫煙習慣が無い人が利用してしまう事で依存が生じると言うリスクが在ると言う事です。そのため、必ずしも安全性が高いというわけでは無いという事になります。

尚、喫煙習慣が無い人などを含めて、初めて電子タバコを利用する時には、こうしたリスクが在ることをしっかりと覚えておくことが安全性に対する防御が可能になります。口コミサイトなどを利用して安全な製品を購入する事が出来る通販サイトを利用する方法、国内の中でも人気が高い商品を購入する方法、そして通販サイトの中でも信頼が出来るサイトを選んで購入する方法などが在ります。
電子タバコは一般的な煙草と比べると有害な物質が含まれていないリキッド製品は安心して利用が出来ますが、そうではない製品も世の中にはあると言う事を覚えておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 電子タバコのリキッドは自作しても安全?
  2. 電子タバコのリキッドでリラックス効果の高いフレーバーとは?
  3. 電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について
  4. 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  5. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  6. 愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まと…
  7. 電子タバコ「VAPE」なら喫煙スペース以外で吸ってもOK?
  8. 電子タバコ用ニコチンリキッドの作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP