電子タバコ(VAPE)

タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?

電子タバコ切り替えにかかる初期費用

近年注目されている電子タバコの初期費用は、数年前までは1万円以上かかっていたものが最近では1万円を切るものも多く登場するようになりました。まず、電子タバコを始めようとする場合、スターターセットと呼ばれるものを購入します。これが物にもよりますが8000円程度です。このコストだけ見ると一気にお金がかかってしまう印象ですが、継続的に使用することでどんどん元が取れていきます。
特に1日に本数が多いヘビースモーカーであればあるほど早く元が取れていきます。継続的に使用するために買い足さなければならないものは、バッテリーが吸う頻度によりますが約2ヵ月ごとに1500円、アトマイザーが2週間~1カ月ごとに1000円、カートリッジが約100~300回吸引ごとに300円程度かかるようになります。

カートリッジはリキッドを交換するものと、その都度新品に買い替えるものがあるのですが、リキッドを交換する方が費用を抑えることができるのでお得です。これらを今までの自分のタバコを吸う頻度に合わせて買い足していきます。これらがランニングコストになります。初期だけを見ると出費が増えたように感じますが、長く使えば使うほどお得になっていくものであるということを認識しておきましょう。

タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?

何か月目から電子タバコの方が得になるのか

具体的にどれくらいで元が取れるのかですが、1日に1箱吸う人で通常のタバコ代としてかかっていたものが1カ月で約12000円としましょう。すると電子タバコに変えると最初8000円とバッテリー1500円、アトマイザー1カ月で2000円、カートリッジ1カ月で1000円と見積もります。すると最初の月に12500円かかりますので、500円オーバーとなります。

しかし、2カ月目からは8000円がいらないことになりますので、1カ月で4500円しかかりません。つまり2ヵ月使えば簡単に元が取れる計算です。これが1日2箱吸う人は1カ月目で元が取れますし、半箱しか吸わない人は倍かかる計算になるので3カ月目で確実に元が取れます。ヘビースモーカーであればあるほどタバコよりも断然お得であるということです。ただ、手間がかかるのが充電をしておかないと使えないということです。
また、アトマイザーやリキッドを補充するという手間もかかるので面倒くさいことが苦手な人はこの辺りで挫折することが多いようです。手間をかけてでも節約するか、今まで通りの楽なまま過ごすかを検討して電子タバコに乗り換えてみても良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. 電子タバコの洗浄・メンテナンス頻度について
  2. 電子タバコのリキッドを保存する時の注意点
  3. 電子タバコって害はないの?ニコチン入りの電子タバコとVAPEの安…
  4. 愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まと…
  5. 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?
  6. 電子タバコのバッテリー(MOD)正しい選び方
  7. 電子タバコのリキッドは自作しても安全?
  8. 女子ウケの良い電子タバコの人気リキッド(フレーバー)ランキングB…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ電子タバコ(VAPE)ランキング

1位 Frienbr ONE
Frienbr ONE
公式サイト
詳細を見る
2位 EMILI LIGHT
EMILI LIGHT
公式サイト
3位 Eleaf iStick Pico
Eleaf iStick Pico
公式サイト
詳細を見る

ピックアップ記事

  1. ploom TECH(プルームテック)
  2. フレンバーワン
  3. ネオスティックの取り外し
  4. iQOS

カテゴリー記事一覧

  1. ploom TECH(プルームテック)
PAGE TOP