電子タバコ(VAPE)

安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?

電子タバコの使い方、準備

電子タバコを用いる際に不可欠となるリキッドは国内に限らず中国やアメリカなど世界各地の広い範囲で生産されていて、体内へ吸引する成分に直結する部分でもあるため、安心して運用できるかが大きなポイントといえます。

まず、海外製のブランドを選択する場合、リキッドの成分としてニコチンやタールを含有している例が少なくはないことから、電子タバコを使用しているにも関わらず従来のタバコと変わらない有害物質を体内へ取り入れてしまうリスクが考えられます。

海外製のリキッド全てが危険な発がん性物質を含んでいるわけではありませんが、国内ほど厳しい規制が行われていない理由から比較的自由に製造できる傾向を持っています。

また、海外では健康や禁煙のためではなく通常のタバコと同様の目的として電子タバコを運用する地域も存在し、輸入の際は身体へ害を及ぼす製品が流通していることを意識してリキッドメーカーを決めることが大切です。
特に製造過程や地域が非公開のメーカー及び含有成分の記載が不足している不明瞭なブランドには要注意で、海外製リキッドは国内産と生産事情が異なる点を理解しておき、自己責任かつ情報収集を十分に行うべきといえます。

安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?

国内のリキッドは何故安心なのか

国内で流通する電子タバコ用リキッドは、発がん性物質の含有が法律によって禁止されている都合上、海外流通品と比べれば遥かに安全性が高い商品へ該当します。

原則としてニコチンやタールなどがリキッドへ含まれるリスクはないため、発がん性物質の影響を受けることなく電子タバコを運用できる点は強みといえますが、これらの成分が含まれないことで味や満足度の面でかなり不利とされています。

日本国内において従来のタバコではなく電子タバコを選ぶ理由は健康促進と禁煙目的が大半であることから、有害物質を敬遠したいのであれば、予め国内産のリキッドメーカーを選択しておくと確実かつ安心です。

しかし、専門的な知識の基で徐々にニコチンの摂取量を減らしていくという治療法を用いる場合においては、国内流通品ではなく海外からリキッドの個人輸入を行い、あえてニコチンの含まれている電子タバコ用リキッドを併用する選択も効果を発揮します。

これはニコチンによる依存症状を和らげる目的として有効な手法であり、国内流通品のリキッドのみで禁煙を目指す場合は他の禁煙グッズと併用し、依存症状から抜け出せる確率を高めておくことが重要となってきます。
 

オススメのVAPE(電子タバコ)はこちら▶▶▶

安全な商品を選ぶ!日本製の電子タバコがおすすめなワケ

関連記事

  1. 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?
  2. 女子ウケの良い電子タバコのリキッドBest3!
  3. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  4. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  5. 電子タバコ「 VAPE」選びで知っておいてほしいポイント
  6. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは
  7. 電子タバコのリキッドを寝かせると美味しくなるって本当?
  8. 今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP