電子タバコ(VAPE)

初心者必見!電子タバコ(VAPE)の失敗しない選び方

電子タバコは種類が増えてきているので、どれをどんな基準で選んだら失敗しないのか悩んでいる方も多いはず。
そこで、今回は電子タバコ(VAPE)の失敗しない選び方について説明していきます。

タバコ葉加熱式とリキッド加熱式(VAPE)で選ぶ

タバコ葉加熱式とは

IQOSに代表されるタバコ葉加熱式の電子タバコは厳密に言えば電子タバコではありません。
構造を簡単に説明すると、タバコの葉を電力を使って加熱し、気化させた蒸気を吸い込むタイプのタバコです。
そのため、タールは大幅にカットできますが、ニコチンはそのまま吸い込めるために愛煙家の中で人気の商品となっています。
タバコ特有の嫌なにおいを抑えて本来のうまみを楽しめるのが売りとなっています。

現在日本ではタバコ葉加熱式のものはPHILIP MORRIS社のIQOS、JT社のPloom TECH、BAT社のgloの3種類が発売されています。
次にVAPE(ベイプ)と呼ばれるリキッド加熱式の電子タバコですが、こちらは大きく分けてリキッド式、カートリッジ式、使い捨て式の3つに分けられます。
3種類とも、タバコの葉ではなく色々なフレーバーのリキッドを電気で加熱するため、ニコチン、タールなしで楽しめる嗜好品です。
専用のリキッドを加熱して蒸気を発し、疑似的な煙を発生させるだけなので、吸い込むのは香料を含んだいわゆるアロマであり、現在日本ではニコチンを加えられたリキッドは販売されていないため、禁煙しているのと変わらない状態となります。

リキッド加熱式(VAPE)とは

リキッド加熱式(VAPE)とは、電子タバコの通称で、以前のようなタバコの形をしたものではなく、スタイリッシュなデザインが主流になっています。

タバコと同じように煙がでるので、まるで本物のタバコのようですが、これは少量のリキッドを熱して蒸気がでているため、タバコの煙のように見えるのです。そのため、タバコで心配される副流煙や火災などの心配は一切ありません。

関連ページ ≫ 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?

形・デザインで選ぶ

電子タバコの形やデザインについては、大まかに分けて以下のようになります。

カートリッジ一体型

こちらは面倒なメンテナンスの必要がない使い捨てタイプの電子タバコです。本体とリキッドが一体になっているため、少し割高かもしれません。しかし、見た目はタバコに近いのでまさに電子タバコというイメージに近いのではないでしょうか。

タンク一体型

つくりはシンプルで電源ボタンすらなく吸口から吸うだけで電源が入るものも発売されています。外出先などで気軽に吸うことが出来る反面洗浄がしにくかったり、もし破損した場合は全交換ということになったりもします。

ペン型やスティック型

煙がしっかり出るものや電圧などの出力が調整できないものが多く、TPOに合わせた調整を即時にするのは難しいようです。お洒落なカラーの製品もでており、全体的に片手に収まるくらい小さいので持ち運ぶのにはとても便利です。機能としてもシンプルなものが多く、女性的なデザインのものが多いのではないでしょうか。

箱型

ごついデザインのものが多いのですが、機能はいろいろ付いているものが多いです。バッテリー一体型のものと分離型のものがあり、一体型のものは携帯にはあまり向きません。

煙の量で選ぶ

電子タバコの煙の量は調節することが可能です。リキッドを入れる容器であるアトマイザーに空気の抵抗を調整できるエアフロートコントロールが搭載されているものであれば煙の量が瞬時に調節できます。また使用するリキッドをVG(グリセリン)濃度の高いものに変えるだけで煙の量は濃度の低いものより多くなります。

また、電圧の調節が出来るタイプの電子タバコであれば電圧を高く設定するだけで濃い煙を簡単に出すことができますが、煙をたくさん出すためには高い電力を必要とします。この電力はバッテリーの電圧とアトマイザー内部にあるコイルの抵抗値によって決まります。この電力が高ければ高いほど煙は多くなり、爆煙と呼ばれる物凄い量の煙も楽しむことができます。

知識があれば自分自身で部品を交換するなどしてお気に入りの仕様にすることは可能ですが、初めての場合は爆煙仕様の電子タバコもいくつか発売されていますのでそちらを購入するのがいいでしょう。

バッテリー(MOD)で選ぶ

MODとは簡単に言えばVAPE(ベイプ)と呼ばれる電子タバコ用の使用者が好きに操作できるバッテリーのことで、筒形のペンシルMODと箱型のボックスMODが主流です。

関連ページ ≫ 電子タバコのバッテリー(MOD)正しい選び方
関連ページ ≫ 電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?

今現在VAPE(ベイプ)に使用されているMODは大きく分けて2種類あり、ただ通電するだけのメカニカルMODと色々な設定を行ってくれるテクニカルMODがあります。
メカニカルMODはケースの中に充電池が入っており、保護回路や制御基板などがなくバッテリーの持つ電圧と、アトマイザーのコイルによる抵抗値のセッティングのみで吸い心地や煙の量を調節するタイプのとてもシンプルなものです。

反面、テクニカルMODは内部に保護回路や制御基板などが組み込まれており、取り付けたアトマイザーの抵抗値に対して出力したい電力や電圧を設定すれば、それ以外の設定をすべて自動で行ってくれるという優れものです。
メカニカルMODには保護回路がついていないので抵抗値などを自分で算出する必要があるために、初心者にはすべて自動で対応してくれるテクニカルMODの方がおススメだといえます。

また、MODを選ぶ際には使用するアトマイザーに合ったものを選ばないといけません。
バッテリーの持ちも重要なポイントになってきます。フルで充電して外出したら数時間で使えなくなったなんてことになったら残念ですよね。MODにはバッテリーの容量がmAhで記載されています。使用するアトマイザーや使用頻度によって持ちは変わってきますが、2000mAh以上のものを選ぶとよいでしょう。

値段で選ぶ

電子タバコの値段は性能やタイプによって異なります。大体の相場と人気の商品をいくつか紹介したいと思います。

使い捨て電子タバコ

こちらはだいたい3,000円以下で販売されているものが多く、充電を含めたメンテナンスは一切不要ですが、選べるリキッドの種類は少なくなります。

Honey Smooke(ハニースモーク)のE-Hookah

こちらは1本1,300円(税抜)で販売されており、リキッドは5種類から選べます。デザインにこだわったモデルですので安くお洒落に楽しみたい方に人気の商品です。

VAPE STEEZ(ベイプスティーズ)

5本セットで2,480円(税込)と安価で発売されており、リキッドは4種類あります。外箱、本体ともに紙タバコに近いデザインになっており、味も紙タバコに似た特徴をもっています。

カートリッジ式電子タバコ

リキッドの補充やタンクの洗浄などの手間がかからず、リキッドな無くなったらカートリッジを交換するだけでいいという優れものですが、カートリッジが専用のものしか使えませんので選べるリキッドの種類は少ないです。相場の価格は1,000円から13,000円程度となっています。

C-Tec DUO(シーテックデュオ)

選べるリキッドは7種類で、本体価格2,484円(税込)、カートリッジ価格5個2,160円(税込)です。カートリッジ1個あたりでタバコ1.5箱分の吸引ができ、交換用アトマイザーを購入すればリキッドの補充も可能になります。

FLEVO(フレヴォ)

選べるリキッドは3種類で本体価格1,058円(税込)カートリッジ価格5個セット1,598円(税込)と非常に安価です。リキッドも安心して使える日本製のものを使用しており、品質管理もしっかりしています。

リキッド式電子タバコ

リキッドには互換性があるために色々なブランドのリキッドを選ぶことができ、長い目で見ればコストが割安です。価格は3,000円から25,000円程でありますが、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

Eleaf(イーリーフ)のiStick Pico Kit

価格は9,200円で初心者から中上級者まで幅広く人気の商品です。高出力のバッテリー搭載なので手軽に爆煙を楽しむことができ、蒸気量を簡単に調節することができます。

Aspire(アスパイア)のZelos 50W kit

価格は9,500円で、高容量バッテリー搭載です。1日中充電なしで使うことができ、蒸気を味わうのに適した重めの吸い心地が人気です。また、常に安定した味で楽しめる温度管理機能も付いており、リキッドをしっかり味わうことができます。

関連記事

  1. 女子ウケの良い電子タバコの人気リキッド(フレーバー)ランキングB…
  2. 電子タバコにダイエット効果!?おすすめフレーバーとは?
  3. 電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について
  4. 自分で作れる!電子タバコ用リキッドの作り方
  5. 今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識
  6. 父・母、年配の方へのプレゼントとしておすすめな電子タバコとは
  7. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  8. 電子タバコ「VAPE」に年齢制限はある?
PAGE TOP