電子タバコ(VAPE)

電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ!

電子タバコ「VAPE」の魅力

電子タバコ(VAPE)は、以前あったような見た目がタバコに似ているものではなく、第三世代と呼ばれている、様々なフレーバーを楽しむことができる疑似タバコです。
見た目はタバコに似せておらず、おしゃれなデザインから、かえって人気がありますし、水蒸気に変えたリキッドを様々な形状に変化させる技を多くの人が披露していることから、難易度の高い形を作り出すために利用している人も少なくありません。水蒸気によってつくられる煙がかなりくっきりと濃いため、上手に作れば様々な形を見ることができ、元々喫煙者ではなかった人が始めているというケースもあります。

電子タバコは基本的にニコチンやタールを含まないリキッドを使用しているため、タバコの臭いやヤニなども出ません。そのため、自分の健康面だけでなく、周囲の人の健康やタバコの煙、臭いなどにも配慮することができます。

海外では本来のタバコの代わりにかなり広まっていますので、より多くの種類の煙による技を確認することができます。また、海外ではトリックと呼ばれており、一般人による動画が公開されているほか、トリックを競い合う大会などもあり、どうやって作っているのかわからないものもあります。

電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ

電子タバコ「VAPE」を使った凄技

一般的なタバコで言うと、ドーナツのような輪を作るのが思い出しやすいイメージです。
ただ、電子タバコの水蒸気はきれいに形を作ることが難しいため、風の吹かない屋内で行うほうが良いでしょう。

基本的には煙は肺に入れず、口の中にためてから吐き出します。輪を作るときには、舌を丸めて口を丸く開け、舌で煙を押し出すようにします。口で外側、舌で内側の円ができることで、ドーナツのような輪になります。また、両鼻と両側の口角から同時に煙を吹き出すことで、ドラゴンのように4方向に煙を出すことができ、ドラゴンと呼ばれています。こちらも定番として人気があり、比較的簡単に作ることができます。

定番トリックの一つであるトルネードは、できるだけたくさん吸い込んだ煙をテーブルの上に吐き出します。ゆっくり吐き出すことで周囲に広がることなく煙を集められますが、筒やコップを使うともっと簡単にできます。たまった煙を指ですくい上げるように巻き込むと、まるで竜巻のように煙が空中へ渦を巻きながら立ち上っていきます。袋の中に煙をためたり、輪を作ってその中に煙を出すなど、コツをつかめばさらにバリエーションを増やすことができます。

関連記事

  1. 電子タバコ用ニコチンリキッドの作り方
  2. 味の決め手はVAPE本体(コイル)も重要だって知ってた?
  3. 電子タバコにダイエット効果!?おすすめフレーバーとは?
  4. 電子タバコ「VAPE」に年齢制限はある?
  5. 脱ニコチン!電子タバコで禁煙を成功させることはできるのか?
  6. 電子タバコ「VAPE」なら喫煙スペース以外で吸ってもOK?
  7. 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  8. 電子タバコは体に害があるの?気になるニコチンや依存症など安全性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP