電子タバコ(VAPE)

禁煙によるストレス解消に電子タバコはおすすめ?

紙タバコと電子タバコの違いとは

タバコの葉を紙で巻いたものが「紙タバコ」。マッチやライターなどで熱することで煙が発生します。その煙にはニコチンが含まれていて、それを吸うことで肺から血液に吸収され、ドーパミンが放出されるために、脳が覚醒され、スッキリした感じを味わうことができるのです。

「電子タバコ」は、専用の液体を加熱して発生する蒸気を吸います。液体の中には香味料などの化学物質が含まれていて、様々なフレーバーが選べます。煙が発生しないので匂いが発生することもありませんし、他人に迷惑がられる副流煙を気にすることもありません。また煙を吸うことがないので、体内に発がん性物質のタールが蓄積することもないので紙タバコより健康的と言えるかもしれません。

しかし、含まれている化学物質に有害物質が含まれていると懸念されているので、どちらが健康的とはハッキリ言えない段階です。それでも、紙タバコだと歯が黄色くなったり口臭が気になりますが、それらを防ぐことができたり、部屋や服にも匂いが付かないので電子タバコに切り替える方も多いようです。また、禁煙目的で電子タバコに切り替える方も多いようですが、実際に効果があるのでしょうか?

禁煙によるストレス解消に電子タバコはおすすめ?

禁煙するなら電子タバコがオススメ

近頃、タバコの値段が上がったり、公共の場所で喫煙できなかったり、健康を気にすることからタバコをやめる人が増えてきています。しかし、禁煙が良いと分かっていても簡単にできるものではありません。禁断症状との戦いはとても辛いものです。イライラやストレス様々な禁断症状があります。多くの方がタバコをやめようとしても挫折してしまうのはそのためです。

ニコチンが脳内にドーパミンを放出させ、そのドーパミンによって、脳が覚醒されるわけですが、タバコをやめるとドーパミンが放出されなくなり、自律神経が乱れ、禁断症状が現れるのです。

ライトスモーカーにとってはさほど難しものではありませんがヘビースモーカーにとっては大きな壁です。そんな時助けになるのが電子タバコです。様々なフレーバーがあるので自分好みのフレーバーに出会える可能性もあり、中には紙タバコよりも電子タバコの味の方を好むようになる方も多く、簡単に禁煙に成功しています。

そして、中にはニコチン入りのものもあるので、健康面を考えると変わりはないのかもしれませんが匂いや副流煙を気にすることがないので他の人の迷惑になることもなく、禁断症状によるストレスからも解放されます。

関連記事

  1. 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点
  2. 電子タバコ「VAPE」に年齢制限はある?
  3. 電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について
  4. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは
  5. 女子ウケの良い電子タバコのリキッドBest3!
  6. 安全な商品を選ぶ!日本製の電子タバコがおすすめなワケ
  7. 煙の量が多い電子タバコっていったい何?
  8. 賢く電子タバコを手に入れる方法とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP