電子タバコ(VAPE)

電子タバコ「VAPE」に年齢制限はある?

電子タバコに年齢制限はあるのか?

近年、VAPEと呼ばれる電子タバコが日本でも話題を集めています。もともとは欧米で人気に火が付き、日本でも徐々にその人気を獲得しつつあります。

VAPEはリキッド(液体)を熱して、煙のような物を生成しますが、実際にはこれは水蒸気なので通常のタバコにある副流煙や火災といった心配はありません。そして日本で販売されているタイプには、ニコチンが入っていないので禁煙道具に使われたりしますが、欧米ではファッションの一部として捉えられています。

ニコチンが含まれていないという事は未成年や学生でも購入出来るのではないかと思われています。実際には、購入出来るか出来ないかで言えば、現在の日本の法律では明確な規制が無いので購入しようと思えば、インターネット通販サイトなどで高校生でも買えてしまいます。

しかし、いくら法律による規制が無いからといっても販売店の方で自主規制をしたりしている事がほとんどなので、現実的には購入は容易ではありません。

それに法律的に問題ないと言っても、電子タバコを使っている事が発覚してしまった場合は、対応する警察署の対応によっても異なりますが、補導の対象になってしまう可能性があります。

電子タバコのバッテリー(MOD)正しい選び方

電子タバコによるトラブルを防ぐには?

確かに現時点では法律による規制はありませんが、通常のタバコと同じで依存性がある他、いくらニコチンが含まれていないとはいえ若い頃からの長期間の利用による体への影響、製造が中国という意味での品質面への不安などの懸念から本格的に電子タバコを規制しようという動きがあり、今後何らかの規制が入る可能性も否定出来ません。そうなった場合に知らずに使っていて、警察に補導されるというような事案が多発する事も懸念されます。

また、VAPE などの電子タバコは通常のタバコと違い機械を通して吸引する為、機械が壊れたりしてトラブルの危険性も無いとは言えません。実際、電子タバコのアトマイザ(高温を出してリキッドを煙状にする)の部分を加熱し過ぎると、場合によっては発火の可能性もあります。

こうした事故を防ぐには正しい使い方や電子タバコの思わぬ危険性などをきちんと学習する必要があり、学生さんなどの未成年が軽い気持ちで手を出してしまうと、思わぬ事故に繋がってしまいかねません。

そうした事を考えた場合、いくら法律によって年齢制限の対象になっていないからと言って、おいそれと未成年が使ったり購入する物ではない、という事は頭に入れておいた方が良いでしょう。

関連記事

  1. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  2. 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  3. タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?
  4. 電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ!
  5. 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?
  6. 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  7. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類
  8. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP