オススメアイテム

電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由

25497074_m

電子タバコってどんな商品!?

体に有害なタバコに変わって、最近注目されているのが電子タバコです。電子タバコは、タバコに似た形の吸入器にタバコの風味やフルーツやミント、バニラなどのフレーバーリキッドを入れ、その水蒸気を吸入するもので、カートリッジを取り換えるだけで様々な味を楽しむことができます。
 
そんな電子タバコは、水蒸気を発生させるためにリキッドを加熱する必要があり、そのためバッテリーを使用しますが、この取り扱い方を間違えると、大きなトラブルを起こしかねないため注意が必要です。
 

電子タバコに爆発の危険性!?

ある電子タバコ愛好家が、スペアを専用ケースに入れずに裸の状態でズボンのポケットに入れていたところ、しばらくして花火のような音を出して爆発し、その方は体に大きな火傷を負ってしまったという事故が発生しました。幸い命には別状はありませんでしたが、思いのほか爆発が大きく火傷を負った部分は皮膚移植が必要となってしまいました。
 
スペアを裸のまま持ち歩くことで爆発が起きたわけではなく、この方の場合はスペアと一緒のポケットに小銭を入れていたらしく、それがポケットの中で摩擦を起こしたことで通電が起き、ショートしたのではないかと考えられています。

電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由

 

電子タバコのバッテリータイプについて

バッテリーには大きく分けてUSB充電タイプとリチウム電池タイプの2種類があります。初めての方であれば取り扱いも簡単なUSB充電タイプがおすすめです。これなら自宅のパソコンからでも充電が可能です。また、変換アダプタを使用すればコンセントから直接充電することも可能です。USB充電タイプでは、専用ケースに入れなくても爆発の危険性は低いと考えられます。
 
一方、リチウムは高出力であり取扱いには注意が必要となっており、リチウム電池に関する知識をある程度持ったうえで使用することをおすすめします。そのため、携帯する際にはきちんと専用ケースに入れ、強い衝撃を与えないようにすることが重要です。
 
専用ケースは現在様々な形やデザインが販売されています。例えば、ポーチ型やシリコン型などがあり、ポーチ型は見た目もオシャレでとても電子タバコの電池を入れるものとは感じられないものばかりです。シリコン型は1本ずつ収納できて吊り下げられるようになっており、価格も数百円と低価格です。
 
電子タバコを安全に快適に使用するためには、バッテリーに関する知識も知っておく必要があり、特にその携帯方法では必ず専用ケースに入れて持ち運ぶことが大切です。まだお持ちでない方は、早めに購入して安全に携帯しましょう。

電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由 width=

関連記事

  1. herb01 電子タバコのリキッドでリラックス効果の高いフレーバーとは?
  2. handmade01 自分で作れる!電子タバコ用リキッドの作り方
  3. vape-houto01 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  4. vs0000-6 たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  5. security01 安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?
  6. vs0000-1 今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識
  7. womanlike01 女子ウケの良い電子タバコのリキッドBest3!
  8. heat01 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP