電子タバコ(VAPE)

Eleaf製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判

電子タバコのイメージ

電子タバコと言うと、煙はたいして出ず、すぐ壊れるといったイメージではないでしょうか。ですが現在、電子タバコ(VAPE)の進化はめざましく、煙がたくさんでるだけでなく、煙を吸い込む感覚を得ることもできます。主流の電子タバコはそうした吸い込む感覚が本物のタバコとどれだけ近づいているかが競争のポイントになっています。

日本製と海外製がありますが、後者で有名なものにEleaf製の電子タバコがあります。簡単な特徴としてはアルミを使用しており硬質的でスタイリッシュな外見で、軽量化が目指されています。ホワイトやブラックなどの色がありデザインも大人が使用するアイテムと言ったイメージがあります。

電子タバコの構造は「リキッド」(電子タバコ用の特殊な液体)とリキッドを入れるケースであるアトマイザーと、リキッドを加熱する「バッテリー」の3つの組み合わせで構成されています。そしてアトマイザーに入っている「リキッド」(液体)をバッテリーで加熱して、その煙(水蒸気)を吸うようになっています。アトマイザーは単なるケースではなくバッテリーから電力を受けリキッドを煙に変えるための「コイル」が付いています。Eleaf製のパーツの特徴を見てみましょう。

Eleaf製のバーツの特徴

Eleaf製のパーツの特徴

Eleaf製のものは、アトマイザーがガラス製素材であるためにリキッドの量をすぐ確認できることも良い評判を得る理由の一つになっています。操作性が他の電子タバコと比べて卓越しており、まず電源ボタンがわかりやすく、過剰に煙を吸ってしまわないような安全装置もついています。操作性の点で、初心者でも使用しやすく、その外見の点では年齢を選ばず使用できるものになっています。

またバラ売りもされており、バッテリーとアドマイザーのパーツをバラで購入できるために、使用しやすい仕様にすることができます。例えば、アトマイザーの選択では、リキッドをどれくらい入れることかでいろいろありますし、またアトマイザーのコイルの性能で選ぶこともできます。またバッテリーでも様々種類があり、大容量の方がいいわけですが、スタイルがよくても容量が小さい場合があります。

しかしEleaf製のものはスタイリッシュなタイプでも十分な容量を保っています。中には、小さなタイプでも大容量のバッテリー量を維持できるものもあります。また液晶画面がついているものもあり、バッテリーのワット数を変化させることができるものもあります。もちろんワット数を上げると煙が多く出て煙の量の調節ができます。

関連記事

  1. 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点
  2. 電子タバコは体に害があるの?気になるニコチンや依存症など安全性
  3. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類
  4. 電子タバコ「VAPE」なら喫煙スペース以外で吸ってもOK?
  5. 女子ウケの良い電子タバコのリキッドBest3!
  6. 父・母、年配の方へのプレゼントとしておすすめな電子タバコとは
  7. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  8. 電子タバコはダイエットの強い味方?その理由とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP