電子タバコ(VAPE)

初めて電子タバコを使うときのコツとは?

電子タバコとはどのようなもの?

近年禁煙ブームが盛んになってきている中、喫煙者や禁煙初心者・若者の間で注目を集めているのが電子タバコです。電子タバコとは、電熱線を使っていろいろな味や香りをつけたリキッドを気化させてできた水蒸気を吸い込むというものです。
リキッドには様々な種類があり、ニコチンを含まないものは普通のタバコのように主流煙や副流煙に害はなく、また、タールも含んでいないため部屋が汚くなる心配もないというメリットがあります。

そのため、禁煙グッズとして使われることが多く、禁煙中の口寂しさを紛らわせる目的で使用する人も多いです。
ニコチンを含んでいるリキッドを使うことで普通のタバコを吸っているのと同じような感覚を味わうことができ、値段も普通のタバコを購入するよりもはるかに低価格で手に入れることができるため、コストパフォーマンスにも優れています。しかし、現在日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売は規制がかかっているため、手に入れる場合は海外から輸入する必要があります。

リキッドにはフルーツ味のものやフルーツ味の香料を含むものもあります。初心者でも購入しやすく、海外セレブも使用しているため、若者の間ではファッションアイテムやおしゃれアイテムとしても流行しています。

初めて電子タバコを使うときのコツとは?

電子タバコを使うときのコツとは?

電子タバコは、普通のタバコのように先端に火をつけるだけで楽しめるようにはできていません。そのため、初心者や慣れていない人が使う場合にはコツがいります。

まず、電子タバコは香料や食品添加物を混ぜた「リキッド」と、リキッドを電子タバコ内で加熱する「バッテリー」、リキッドを霧状にする「アトマイザー」という3つの部品で構成されています。
煙が出る仕組みとしては、
カートリッジ内の線にリキッドを染み込ませてアトマイザーへ霧の元となる液状のリキッドを流し、アトマイザイーで霧となったリキッドをバッテリーで加熱して煙にするという仕組みです。

使う際のコツとしては、リキッドを入れたらアトマイザーを閉じてすぐに使い始めるのではなく、10分ほど浸透させてから使うようにしましょう。また、最初の数口で煙が出てこない場合も、電圧を上げるのではなく、吸い続けることが大切です。

また、電子タバコは充電式なので、定期的に充電する必要があります。充電の目安としては、煙の量が減ってきたり、LEDが点滅するのでわかるようになっています。
電子タバコの一般的な吸い方は、吹かして吸う方法であり、普通のタバコのように肺まで吸い込むことは一般的にはあまりしません。そのため、初心者の人は、初めのうちは深く吸い込まないように注意しましょう。

関連記事

  1. 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点
  2. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  3. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは
  4. 電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ!
  5. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  6. 電子タバコのリキッドは自作しても安全?
  7. 味の決め手はVAPE本体(コイル)も重要だって知ってた?
  8. 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP