電子タバコ(VAPE)

愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まとめ

口唇欲求を満たしつつ、禁煙

何か、口に入れていないと物寂しい。何もないけど、ついタバコを咥えてしまう。こういった口に何か加えていたい、という欲求のことを口唇欲求といいます。

電子タバコの使用へと生活を変化させた場合、通常のタバコと同じように口に電子タバコを咥えて生活するので口唇欲求は満たされたままです。日本ではニコチン入りのリキッドは販売されていないため、ニコチン濃度を下げることができるというメリットがあります。ニコチンは依存性のある成分であり、これがタバコをやめられない一因ともなっています。

また、通常の紙巻きタバコを吸った場合に発生する一酸化炭素やタールといった有害な成分が電子タバコには含まれていないため、この変化は肺疾患、肝臓疾患のリスクを引き下げるとともに日常生活に劇的な変化をさらにもたらします。

一酸化炭素は血中の赤血球にくっつくとなかなか離れないので、その分酸素がくっつけなくなり、結果末梢の組織に回る酸素の量が減少します。こういった細胞の酸欠が肝臓の疾患を引き起こすだけに、一酸化炭素の発生が抑制されるというのはとても健康にとってうれしい話です。また、最近の電子タバコは見た目もスタイリッシュで人の目を気にすることなく格好良く禁煙を始められることでしょう。

愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まとめ

電子タバコが開く、アクティブな未来

一酸化炭素量が増えると酸欠のような症状を来たす、ということですが、あなたがもしスポーツマンなら電子タバコに切り替える前後であなたの心肺能力には大きな差が生まれているはずです。タバコを燃やした際に発生する煤も肺に沈着しませんから、幾分かは呼吸がしやすくなっていると思います。よく医療番組で見る真っ黒な肺にもならないで済むのです。

また、酸欠が改善されることが要因なのか、タバコを吸ったときに暴露する刺激物質が原因なのか判然としませんが、タバコを止めると味覚にも変化が現れ、食事をおいしく感じるというメリットがあります。日々喜びのある生活を送ることはとても素敵なことです。

また、タバコは数多くの税金によって高い値段設定となっています。電子タバコは使用する頻度にもよりますが往々にして紙巻きタバコより安く、タバコに支払っていた分のお金を別のことに使えることはまたメリットと呼ぶことができるでしょう。

初期投資こそ幾らかかかってしまいますが、電子タバコは始めるうえで様々なハードルを下げてあなたを待っています。健康、経済的理由など、どのようなきっかけでも構いませんので禁煙への第一歩として電子タバコを手に取ってみるのは悪く無いと思います。

関連記事

  1. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  2. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  3. 電子タバコにダイエット効果!?おすすめフレーバーとは?
  4. 電子タバコ「VAPE」に年齢制限はある?
  5. 電子タバコのリキッドでリラックス効果の高いフレーバーとは?
  6. 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  7. 電子タバコのリキッドを寝かせると美味しくなるって本当?
  8. 安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP