電子タバコ(VAPE)

電子タバコは体に害があるの?気になるニコチンや依存症など安全性

vs0000-2

煙草の害について。

煙草の害で有名なのがニコチンやタールと言った有害な物質を含むと言う事です。これらの有害な物質は喫煙者だけではなく、煙に含まれるため周りにいる家族などにも悪影響を及ぼすことになります。

受動喫煙と言う事が社会問題に発展していますが、受動喫煙は副流煙と呼ばれる煙草から立ち上る煙を吸い込む事で、煙草を吸う人以上の健康被害を受けるリスクが在ると言われています。そのため、煙草を吸う時には喫煙所などに出向いて喫煙をすると言ったケースが増えており、中には禁煙を実施して煙草を止める人も増えています。
 

電子タバコとは?

節煙などの目的で電子タバコを利用される人も増えていると言われていますが、電子タバコと言うのはリキッドをアトマイザーと呼ばれる部品の中に充てんさせると、電源を入れる事でアトマイザー内部に在るコイルが過熱されます。

コイルにはアルコールランプのような芯が付いていて、リキッドは芯を伝わってコイルに引き寄せられ、コイルが熱せられることで液体のリキッドは蒸気を発生させます。この蒸気を吸引するのが電子タバコの原理であり、火を使わないので煙が出ないため、周りにいる人への健康被害というものを与えずに済むと言うメリットを持ちます。

電子タバコは体に害があるの?

但し、これは有害な物質を含まないリキッドを利用している場合であり、国内では薬事法の法律により有害な物質を含ませたリキッドの製造や販売が禁じられているため、国内製のリキッドの安全性は高いと言えますが、海外の製品においては日本のような規制が無いため、依存性などをもたらす可能性が在ります。

特に、個人輸入代行を手掛ける通販サイトではニコチン入りリキッドの販売が行われているため、非喫煙者がこのようなリキッドを購入して電子タバコで利用を始めると依存症と言う問題が生じる事が在ります。依存症と言うのは、煙草に含まれている成分によるもので、いわゆるニコチン依存症が起きるリスクが在ると言う事です。

この依存症は電子タバコだけではなく、普通の煙草を吸いたいと言う欲求が高くなるもので、今まで煙草を吸った事が無い人が喫煙の習慣が始まる可能性もあると言う事です。尚、日本製の電子タバコやリキッドと言うのは厳しい品質検査が行われ、基準を満たしているものしか販売が行われない仕組みになっているため、喫煙の習慣が無い人などが利用する場合には、国産の商品を利用する事が依存症などの問題を起こさないコツと言えます。

関連記事

  1. present01 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  2. vs0002-4 脱ニコチン!電子タバコで禁煙を成功させることはできるのか?
  3. vs0000-1 今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識
  4. smart01 賢く電子タバコを手に入れる方法とは
  5. heat01 電子タバコVAPE「本体が熱い」のは故障?原因や注意点
  6. battery-type01 電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?
  7. saving01 タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?
  8. stress01 禁煙によるストレス解消に電子タバコはおすすめ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP