電子タバコ(VAPE)

今更人に聞けない!5分でわかる電子タバコの基礎知識

電子タバコと煙草の違い・特徴について

煙草の場合は、ライターなどで煙草の先端に火をつけて、吸引する事で煙草に火がついて、煙を吸い込むと言う愛好品になりますが、電子タバコは煙ではなく、蒸気を発生させて吸引する愛好品であり、煙に含まれている有害な物質が放出されないなどの理由からも安全性が高いと言われています。

ちなみに、電子タバコと言うのは分解が可能になっているのが特徴です。
分解する事で電子タバコの仕組みを理解する事が出来るようになりますが、電子タバコは蒸気を発生させる仕組みがポイントとなります。

蒸気を発生させるために必要なアイテムがリキッドです。
リキッドにはフルーツ系、お菓子系、飲み物系、煙草の銘柄系などの種類が用意されており、好みのフレーバーを選んで利用できるという魅力があります。
リキッドの中にはニコチン入りのアイテムもありますが、日本国内においては薬事法の法律により、ニコチンを含ませたリキッドの製造や販売が禁じられているため、初めて利用される人や喫煙習慣が無い人などの場合は、国内で製造販売されているリキッドがお勧めです。

電子タバコの仕組みについて

電子タバコの仕組みについて

電子タバコは大きく別けて、バッテリー、アトマイザー、吸い口と言う3つのパーツに分けられており、アトマイザーにはリキッドを充填させるパーツとリキッドを吸いあげて加熱させるコイルと呼ばれているパーツが内蔵されています。

コイルはバッテリーから電源を供給させて電流を流すことで高温度に達し、そこにリキッドが触れる事で水蒸気を発生させるという仕組みになります。
充填したリキッドの種類を変える事で色々な風味や味を楽しめると言う魅力があります。

また、コイルには抵抗値という数値があり、数値を変える事で水蒸気の発生量を調整する事が出来るようになります。
コイルは別売りで販売されているパーツでもあり、電子タバコを使う人の中には色々なコイルを試して使い分けたり、自分の好みのアイテムにすると言った楽しみ方もあります。
煙草の代わりに利用する人の場合は、煙草の銘柄のリキッドを利用する事で煙草を吸っているのと同じような感覚で楽しめるなどの魅力があります。

関連記事

  1. 電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意
  2. 自分で作れる!電子タバコ用リキッドの作り方
  3. 禁煙によるストレス解消に電子タバコはおすすめ?
  4. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類
  5. 煙の量が多い電子タバコっていったい何?
  6. 愛煙家に朗報!タバコを電子タバコに変えると起こる「良いこと」まと…
  7. タバコを電子タバコに変えるとどのくらいの節約になるの?
  8. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP