電子タバコ(VAPE)

電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について

電子タバコの仕組みについて

電子タバコの仕組みは非常にシンプルになっています。簡単に説明をすると、アトマイザーに入れたリキッドを蒸発させて、その蒸気を吸って味や香りを楽しむという仕組みです。

詳しく説明をすると、まずVAPEのボタンを押すとバッテリー(MOD)から電流が流れていきます。それによりコイルが熱く加熱されて、コイルに巻かれているウイック(綿)が加熱されます。ウイックとはコイルまでリキッドを伝達・保持する部分です。それによりしみ込んだリキッドが気化されます。気化された蒸気がすこしずつアトマイザーの穴の中を通ってドリップチップにしみこんでいき、フレーバーを含んだミストとなっていきます。そして、ドリップチップの穴からミストが口に入る仕組みになっています。

仕組みは単純ですが、電子タバコのどの部分も非常に重要な部分です。アトマイザー(タンク、コイル、ウイック)は蒸気を発生させる部分となり、電子タバコのブレーンともいえる部分です。しっかりとしたメンテナンスをすることが、電子タバコの深い味わいを楽しみ、長持ちさせるためには不可欠といえます。部品の交換や手入れをこまめにすることがとても大事になります。

電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について

電子タバコの構造について

電子タバコ(VAPE)はMOD、アトマイザー(タンクやコイル)、ドリップチップの3つから成り立っています。

MODはバッテリーを搭載したバッテリーユニットのことです。アトマイザーと組み合わせることにより、自分好みの仕様にすることができます。MODは鉛筆のようにまっすぐなペンシルタイプと、長方形の形をしたボックスタイプと2種類のタイプがあります。ペンシルタイプはチューブモッドともよばれ、コンパクトですが搭載機能が少ないのが特徴です。一方ボックスタイプはボックスモッドともよばれ、安全機能が搭載されていることが多く、様々な機能が付いています。

アトマイザーは、蒸気を発生させる部分でタンクとコイルで構成されています。MODから電流を流して中に入っているリキッドを蒸気にかえる大事な部分で、VAPEの生命線ともよばれています。タンクにリキッドをためておき、タンクからコイルにリキッドが流入されコイルを熱することでリキッドを蒸気に変えることで吸入することができます。初心者用から上級者用までいろいろなタイプがあります。

最後はドリップチップで、蒸気を吸う際に口にする場所です。穴の大きさや長さにより使い勝手が違ってきます。

関連記事

  1. 電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意
  2. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類
  3. 電子タバコを購入する前に知ってほしい電子タバコのメリット・デメリ…
  4. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  5. 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  6. 電子タバコ「 VAPE」選びで知っておいてほしいポイント
  7. スタイリッシュに決める!オシャレでカッコイイ電子タバコ3選
  8. 電子タバコ初心者におすすめの『VAPE』って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP