電子タバコ(VAPE)

電子タバコを購入する前に知ってほしい電子タバコのメリット・デメリット

基本的に従来のタバコより有害性は低い

電子タバコは導入するリキッドの種類に応じて事情こそ変化していきますが、原則として従来のタバコ製品よりも身体への有害性は低めになっており、発ガン率などリスクの減少を期待できるメリットがあります。

これは有害物質に該当する一酸化炭素やタール・ニコチンといった成分が抑えられている傾向にあるためで、化学成分を直接体内へ取り入れる機会が減る分だけ健康面で有用とされます。

ただし、国外において流通している電子タバコ用リキッドはニコチンやタールを始めとした一部の成分が使われている例も少なくはないことから、輸入品を用いる際は含有成分の記載を必ず確認し、安全性へ配慮することが求められてきます。

輸入品は産地によっても品質にばらつきが見られ、成分表記をしっかり行っていない地域が存在している点はデメリットとなってしまうほか、外国語に対する最低限の知識がないと輸入を行うことすら困難です。

日本で扱われている電子タバコ用リキッドはニコチンを含む製品の流通が禁止されていて、中毒性はその分低くなる一方で吸った際の満足感は不足するなど問題が生じやすく、喫煙者が禁煙を目指す目的で使用する場合は特定成分の依存を克服する必要性があります。

電子タバコを購入する前に知ってほしい電子タバコのメリット・デメリット

経済面と環境面へ対するメリットは多い

電子タバコは従来のタバコのように吸殻を捨てるわけではないため、ゴミが発生しにくく火の後始末に気を配らなくて済むメリットを持ちます。

結果として喫煙者本人の病気予防だけでなく火災の発生リスクやゴミの後始末を気にせず運用でき、周囲の環境にも優しいことが電子タバコの特徴といえます。

また、電子タバコを導入すると本数当たりのコストを大幅に抑えられる点も優れている部分であり、リキッドの価格は15ミリリットル前後が300本分のタバコと同等になるといわれています。

15ミリリットルのリキッドは1日に10回吸う人の場合およそ1ヶ月程もつ計算になるので、ヘビースモーカーへ該当する人ほど電子タバコへの乗り換えによる経済面での恩恵は大きくなっていきます。

国内の電子タバコ用リキッドに関しても様々な工夫は施されていますが、これらで満足感を得られない場合は海外から個人輸入を行ってニコチン入りのリキッドを用いたり、ニコチンパッチなど他の禁煙グッズを併用する選択が効果的となります。

選択する製品次第で電子タバコは吸い心地と安全性が大きく変動するため、メリットとデメリットを予め知っておき、自身のスタイルに合ったものを選ぶべきです。

関連記事

  1. 電子タバコのバッテリーは絶対にケースを使うべき理由
  2. 電子タバコで眠気覚まし!?そんな時にオススメしたいフレーバー
  3. フレンバー 女子力の高いVAPE 『Frienbr(フレンバー)』 とは
  4. 電子タバコ(VAPE)の使い方・吸い方
  5. 安全な商品を選ぶ!日本製の電子タバコがおすすめなワケ
  6. 電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?
  7. 安心できる電子タバコリキッドメーカー・ブランドとは?
  8. 味の決め手はVAPE本体(コイル)も重要だって知ってた?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP