電子タバコ(VAPE)

電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意

電子タバコについての注意点

電子タバコは専用の液体を電気で水蒸気に変え、その水蒸気を吸うという仕組みになっています。
火をつけタバコの葉を燃やしてその煙を吸う紙巻タバコとはそのつくりが違っており、紙巻タバコから電子タバコに変えた場合注意することがあります。

まず電子タバコで使用される液体のことをリキッドと呼びますが、商品によってそのフレーバーは様々であるため、長期間使用し続けるためには自分の好みのものを探すことが大切です。

そしてこのリキッドにはニコチンの入ったものと入っていないものがありますが、入っていないものはやはり喫煙者からすると少し物足りなく、そういった人にはニコチンの入っているものをおすすめします。しかし日本国内ではニコチンの入ったリキッドの販売は薬事法で禁止されているので、海外から輸入する必要があります。

個人輸入をする場合、英語が出来ないと注文までたどり着けないと考える人もいるかもしれませんが、海外のサイトでありながら日本語で解説をしてくれているところもあるので安心出来ます。
そしてこれまで使用していた紙巻タバコと電子タバコの使用感を似せるためには、ニコチン濃度を同じくらいに調整する必要があります。

電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意

電子タバコのニコチン濃度について

特に初めて電子タバコを使用する人にとっては、ニコチンの濃度を自分で調節する際に注意するべき点があります。まず電子タバコ用リキッドのニコチン濃度というのは普通の紙巻タバコのケースに記載されているものとは全く違う数値であるということを知っておく必要があります。電子タバコの場合その数値が紙巻タバコのものに比べて非常に大きな数値になるので注意が必要です。

またインターネットなどで調べてみると、自分の吸っていた紙巻タバコの種類に対応したニコチン濃度を載せている表があります。しかしこの表の通りに調整することは非常に危険です。特にもしこの表が古いものであればなおさらです。

その理由はこの表が書かれた時と現在とでは、電子タバコの性能も日々進化してきているからです。電子タバコの性能が上がり蒸気量も大幅に増えたため、古い表の通りに濃度を調整してしまうと大変なことになってしまいます。

そしてその表が新しいものであっても、使用する電子タバコの種類によって性能が違うため同じように調節していたのでは不具合が生じる場合があります。そのため濃いめのものを購入し、キツイ場合には後からグリセリンで少しずつ薄めるといった方法をとると良いでしょう。

関連記事

  1. 電子タバコの洗浄・メンテナンス頻度について
  2. スタイリッシュに決める!オシャレでカッコイイ電子タバコ3選
  3. 電子タバコのバッテリー(MOD)にはどんな種類があるの?
  4. 電子タバコとシーシャ(水タバコ)の違い
  5. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  6. 知っておくべき!ニコチン入り電子タバコの安全性
  7. 女性へのプレゼントにおすすめの電子タバコとは
  8. 電子タバコのリキッドを自作する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP