電子タバコ(VAPE)

電子タバコのリキッドを保存する時の注意点

電子タバコのリキッドの保存方法

電子タバコは、一般的なタバコとは違い煙を吸うのではなく、液体を気化した蒸気を吸います。
リキッドには、ニコチンを含んだものや含まないもの、味の付いたものなどが登場しており、気分によって使い分けられるところも人気の一つとなっています。

電子タバコリキッドは数多く登場していますが、色々な種類を使い分ける方にはその保存方法も気になることでしょう。電子タバコ用リキッド(味付き)は、直射日光を避け、なるべく暗く涼しい場所で保存します。また子供やペットがいる場合には、いたずらされないような場所であることも大切です。
例えば、空調設備の整った部屋のデスクの引き出しや、タンスなどが最適です。また、ワインセラーがあれば長期保存するのに有効です。

電子タバコ用ニコチン入りは、冷蔵庫での保存が最適です。冷蔵庫で保存することで、ニコチンの鮮度を保つことができ、酸化や変色を防ぐことができます。
液体に含まれる成分は、融点が水よりもはるかに低く凍る心配がないので、冷凍庫での保存も可能です。

電子タバコ用香味料(自作調合用)は、基本的には味のある市販品と同様の保存法で大丈夫です。
暗くて涼しく、乾燥気味の場所が香味料を保存するには最適です。正しく保存すれば1年~2年くらいは持つでしょう。

電子タバコのリキッドを保存する時の注意点

電子タバコリキッドの消費期限

電子タバコのリキッドには大きく分けていくつかの種類があります。使用されている成分自体は腐りませんが、開封することで空気中の雑菌が侵入して繁殖することを防ぐため、製造年月日が記されているものもあります。

一般的な市販品は、開封前なら製造年月日から約1年が目安の消費期限で、開封したら3ヶ月~6ヶ月の間になるべく早く使い切ることが望ましいです。しかしながら、何ヶ月か熟成させた方が美味しく感じられる種類もあります。

何ヶ月も熟成させるものは、常温で保存することで味をまろやかにするスティープ作業のために行うことがあります。リキュールによく似たものと考えることができ、常温で保存しても腐ることはありませんが徐々に酸化して色や味が変わってくることがあります。リキッドもまた、常温で腐ることはありませんが劣化することがあります。

全ての商品において明確に消費期限が決められているわけではありませんが、製造されたばかりの鮮度や味を維持するためには、3ヶ月~6ヶ月の間でなるべく早めに使用するのが美味しさを保つことができます。ただし、メーカーによって成分量などが異なるため、お気に入りがあればどのくらいまで美味しさを保てるか覚えておくと役に立つでしょう。

関連記事

  1. 電子タバコのニコチンリキッドの濃度や注意
  2. 電子タバコを購入する前に知ってほしい電子タバコのメリット・デメリ…
  3. 電子タバコ(VAPE)の仕組みや構造について
  4. たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている?注意すべき電子タバコ…
  5. 電子タバコ「VAPE」を使った凄技まとめ!
  6. Aspire製 電子タバコ(VAPE)と特徴や評判
  7. 電子タバコのリキッドを自作する時の注意点
  8. 様々な味が楽しめる!電子タバコ用リキッドの種類

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ電子タバコ(VAPE)ランキング

1位 Frienbr ONE
Frienbr ONE
公式サイト
詳細を見る
2位 EMILI LIGHT
EMILI LIGHT
公式サイト
3位 Eleaf iStick Pico
Eleaf iStick Pico
公式サイト
詳細を見る

ピックアップ記事

  1. ploom TECH(プルームテック)
  2. フレンバーワン
  3. ネオスティックの取り外し
  4. iQOS

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP